施工例ギャラリー

ドルフィンスクエアが手がけてきた施工例のギャラリーページです。これから空間づくりを考える方にとってのヒントが満載です。

部材にこだわったキッチン その1 (天然木・天然石・モザイクタイル)

部材にこだわったキッチン その1 (天然木・天然石・モザイクタイル)

建物にマッチした個性派キッチンをご紹介します。

担当者より

天然木のキッチン

1.壁面収納と同材でコーディネートされたキッチンカウンター

kb1_1.jpg

ks_1.jpg

水に強いチーク材で特注制作した集成材を贅沢に一枚張のカウンターにしました。

ダイニング・キッチンで存在感のある大きさなので、壁面収納とデザインを合わせる事で一体感を高め落ち着いた空間にすることが出来ました。

 

このキッチンのある施工例はこちら:レトロ&モダンの家 - 斬新なモダンデザインと心温まるアンティーク -

 


2.天然木のキッチンパネルと厚さ4cmものケヤキ天板

kb1_2.JPG丸太梁を露出させ漆喰壁と床は無垢板張りのLDK。

本物志向のお施主様だけに壁面収納パネルにもやはり無垢板を選ばれました。

となると、メインキッチンの天板は、それらに見劣りしない素材を使う必要がありましたので厚さ4cmものケヤキの無垢板で作る事にしました。

ケヤキは非常に強い樹なので伐採して100年程経った古材の丸太を挽いて厚さ6cmの板にしてからも反りが出ました。

その古い丸太は大人が両手で抱えても両手が届かない程太く、長さは7m以上の大きな丸太でした。

板にしてから約半年間寝かせて十分に歪を取り、厚さ4cmもの一枚板のキッチン天板に仕上げました。

 

このキッチンのある施工例はこちら:レトロ&モダンの家 - 斬新なモダンデザインと心温まるアンティーク -

 


3.ケヤキの無垢板の恵み

kb1_3.JPG木で作った天板には自然素材で作られたオイルを染み込ませて磨きます。

もともと水に強い樹種で天板を作りますが、さらに耐水性を高めるためです。

何年も使うと次第に深みのある色に落ち着いていきます。

天然木に触れると温もりが伝わってきて気持ちが落ち着きますね。

 

イギリスでは、「タッチ・ウッド」という古い言葉があります。

それは、自然の恵みで大木となった樹やその樹で作られた家具を触れながら言う言葉で、「ご幸運を!」とか「グッド・ラック!」というような意味で使って言います。

自然界の一員である人間が自然の力を借りて力強く生きて行こうとする姿は、古今東西共通なのですね。

 

このキッチンのある施工例はこちら:イワセナチュラルクッキング様

 


4.チーク材集成材の一枚板のキッチン天板とダイニングテーブル

kb1_4.JPGメインキッチンとダイニングテーブルは一列に並べるため、同じ材質にしようと計画していました。

ダイニングテーブルは幅1m、長さ2mの大型ですが、メインキッチンと同じ幅にして連結するとスッキリ一列に並べられるようになっています。

 

このキッチンのある施工例はこちら:インナーガーデンのある家 -光と風を感じる 伸びやかな暮らし-

 

天然石のキッチン

1.水にも熱にも強い天然石のキッチン天板

kb2_1.JPG大理石や人造大理石を用いたキッチン天板はよく見かけますね。

とても素敵なキッチンにすることが出来ますが、価格や納期がネックになることも。

そこで、コストや納期に限りがある場合には、ドルフィンスクエアでは様々な天然石を臨機応変に使って表情豊かなキッチンを造っています。

 

kb2_2.JPG天然石は水に強い事はもちろん、熱い鍋を鍋敷を使わずに直接置いても大丈夫です。

 

このキッチンのある施工例はこちら:家族が集う家

 

モザイクタイルのキッチン

1.カントリー・デザインからシャープなデザインまで、自由自在なモザイクタイルのキッチン

kb3_1.JPGのサムネイル画像

奥様のお好みに合わせたタイル天板のキッチンはとても表情が豊か。

カントリー・デザインからシャープなデザインまで制作できます。

 

kb3_2.JPG

タイルだけでなく間に入れる目地というセメントの色との組み合わせで表情をデザインします。

「タイルの種類 × 目地の色 × 木枠の色」、という組み合わせができるため可能性は無限大です。

 

このキッチンのある施工例はこちら:陽だまりカラーの明るいLDK